家のリフォームと立て替えならどちらがお得?

家のリフォームと建て替えの長短から両者の比較を試みた住宅情報サイト

築年数を加味した上でのリフォームと建て替えの選択

家のリフォームは、家の基礎部分を残したまま行う、家の改修及び改装、補修のことであり、家の基礎部分を流用できることから、費用と工事期間の両面において、コストパフォーマンスに優れるものの、基礎部分を残さなければならないため、自由度は低く見積もらざるを得ません。

建て替えとメリット・デメリット

家を建て替える場合、基礎部分を含めて、全てを取り壊してしまうことから、現行の建築基準法では、建て替えができない、再建築不可物件と判断されない限り、間取りから内装や外装まで、自由に決めることができます。ただし、土地以外流用できないため、費用が高く、工事期間も長くなります。

リフォームの大きな特徴

コストパフォーマンスに優れるリフォームと、自由度の高い建て替えは、メリットとなるポイントが異なるため、一概にどちらがお得というのはありません。基本的に、コストパフォーマンスと自由度のうち、どちらを重視するかによって、選ぶのがベターでしょう。

ただし、リフォームないし建て替えに際し、もう一つポイントとなる点として、家の築年数が挙げられます。日本における住宅が、天災を抜きにしても、50年程度の寿命であることを踏まえると、築年数次第で、リフォームと建て替えの優先度が、変わってきます。

一般的には、築20年以内ならリフォームで事足り、傷みが激しくなってくるであろう、屋根や外壁といった外装に加え、水回りを始めとした、内装へのフォローも効きますが、築年数が30年以上の場合、外装・内装、どちらも、リフォームでフォローしきれないため、建て替えの優先度が高まるのです。

家は築年数が長い程、整備を必要としますが、築20年以内ならリフォームでカバーしきれるため、家の基礎部分を残す余地があっても、築30年以上になると、家の基礎部分を残す余地がなくなり、リフォームでは、カバーしきれなくなることから、建て替えの必要性が増していきます。

つまり、築30年以上の家には、リフォームの効果が薄く、築20年以内の家だと、建て替えの必要性が低いと言えますので、リフォームと建て替えに、お悩みの際は、是非、築年数も参考にしてみてください。

リフォームと建て替えはどちらがお得なのか

主な家の改修ないし改装、補修の方法であることから、混同されやすい、リフォームと建て替えですが、リフォームは、コストパフォーマンスに優れ、建て替えの場合、自由度に優れているため、どちらがお得かは、コストパフォーマンスと自由度のうち、どちらを重視するかによって、異なるでしょう。

TOPへ戻る